あがり症の克服

あがり症の克服ってどうやってできると思いますか。

そもそも完全に克服する事なんてできるでしょうか。

私もどっちかというとあがり症で、
特に人前に出て何か自分の意見を発表する時や
自己紹介をするだけでもあがってしまい、
うまくしゃべれない時もあります。

学生の頃よりはよくなったと自分では思うのですが、
まだまだ緊張しないで
大勢の人の前でしゃべるという自信はありません。

もっとあがり症の症状が重い人もいると思いますが、
そもそもこの症状は何が原因なのでしょうか、
あがってしまう理由がわかれば、
克服する方法が見つかるのではないでしょうか。

私のイメージとしてはあがり症というのは
精神的なものが原因だと思いますが、
実際のところは遺伝や性格、
肉体的なものも関係しているのでしょうか。

私は特に処置を受けていませんが、
このまま何もしないで慣れで
いつかは克服できるものと考えていました。

あがり症が立派な病気と思うと
何かしらの処置を受けなくてはと考えてしまいます。


スポンサード リンク

あがり症とは

あがり症とはどんな症状だと思いますか。

幼い頃から当たり前に人前で喋る事ができて、
目立つという事が平気な人もいますよね。

あれはやはり緊張しない性格なのでしょうか。

その逆にすぐに緊張したりあがってしまう人も
性格の問題といえるのでしょうか。

私は以前まではそのような考えでしたが、
どうもあがり症というのは病気のようなもので、
吃音症などに似たような症状ではないだろうかと思います。

世間一般ではあがり症というと、どんなイメージなのでしょうか。

結構性格的なものととらえられていて、
深刻な問題としては考えられていないような気がします。

言葉がうまく出てこない事や
赤面してしまうという症状ならいいのですが、
多量に汗をかいたり体が震えてしまったり、
ひどい場合は腹痛や吐き気を訴える人もいるくらいなので、
そう簡単なものとは考えられないかもしれません。

あがり症とは一生で考えると、
克服しなければならない心の病気ではないでしょうか。


スポンサード リンク

あがり症の克服やあがり症の治療に関する情報、
その他にもあがり症や緊張に関する情報が満載です。